読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bftk

photo,memo,etc...

年末年始と母親

昔から家でも特に正月らしいことはなく、近所や親戚付き合いもないので年末年始といったら家で昼夜関係なくテレビ見て、眠くなったら寝るのが我が家の過ごし方だった。
特に初売りセールなどで意気込んで欲しいものもなく、なんなら正月はどこも混むか休みで不便だなぁ…とか思っている。母親もそうだから家全体が泥のように重い。

働くようになってからも年末のギリギリまで働いていて、年末の雰囲気は感じるが正月らしさみたいなものは特になく、ちょっと連休が出来てやっと何も考えず時間を気にせず寝てられる寝正月である。実家が都内だと特に帰る田舎もないので、ただただテレビかCSの海外チャンネル一挙放送を見るか、母親に付き合って映画を観に行くのがここ数年であった。

実家を出て、珍しく何年かは実家以外で過ごすことがあった。特に干渉しない家族なので帰って来いと言われることもなかった。次の年の正月は実家で過ごしていた時だった。母親がぽつりと言った。

「今年の正月はあっという間だった、お前が帰ってきたから、去年はずっと家にいて退屈で長く感じた」

この言葉を聞いて、あと何回こうやって過ごせるんだろうかと思った。そして、いくら都内でいつでも会えて、必要とあれば電話やメッセージで繋がれても、母親はひとりで家に過ごすことしかできないのであった。
それからというもの、なるべく実家で過ごすようにしている。特に何か特別な事はないのだけど、出掛けに誘ったり母親の行きたいところに付き合ったり、何かするきっかけになればいいかなと思っている。幸い元気で、よく旅行に行くくらい足腰が頑丈なのでまだ一緒に同じ速度で歩ける。歩幅が合ううちにもっと一緒に居たいと思った。

広告を非表示にする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...