読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bftk

photo,memo,etc...

女王蜂のQがスーツ着てやってきた

Q(初回生産限定盤)(DVD付)

Q(初回生産限定盤)(DVD付)

アルバム出たーうれしい
届いて最初に手に取ったのが、初回限定版の冊子、漫画と歌詞カードの体裁をしたリリックショートムービーという印象。アヴちゃんの頭の中少し見えるような気がしたけど何度見てもわからないものもあって、これもっとしっかり見てみたいですね。個人的には蜂刑事とかは九条キヨ先生に描いて欲しいんですけど、どうにかなりませんか。もしくはシャフトでアニメ化しませんか。

この時点では、ページの黒さにいつもの女王蜂のドス黒さを想像していたんだけど、音源聞いてびっくりした、すっごい聴き馴染みよくってあっさりしてる…おかしい、いつもの私にしかわからない呪いはどうした、赴くまま叫びながら生きてやろうというなりふり構わない姿勢はどうした。しかしよく聴いてみると伝えたいことは全然変わらない、むしろ洗練されていた。全体的にダンスミュージックになった印象で、みんな楽しくきゃっきゃ踊っているのが想像出来る。実際、金星ツアーでは驚くぐらいに開放的で踊りまくって楽しかった。その熱狂が、空気感が歌詞とリズムに刻まれている。だから何故か、次の瞬間にはフレーズがリフレインする。すっと無意識に入る。

あと、これは聴き終わって最初に思った感想だけど「あ、これなら他の人に勧められそう」と思った。
今までの女王蜂ももちろん、すごくよかったしことあるごとに、いい、最強だから聴いて欲しい。と言ってきた。けどあの全力加減にみんな構えるだろう。その本気具合に、誰、何、こわい(つよい)。みたいな。
でも今作Qは違う。それが無い、届ける為に醸成した。だから今までみたいにラメやグリッターとか、羽とかそういうのなしで、隠し事なしで、スーツ着てやってきた。だれでも聴けると言ったら軽く聞こえるけど、それくらい言葉を選んでいるようだった、だから広まって欲しいし、もっと聴いて欲しいんだと思った。そういう過程を経てアウトロダクションから始まるの、すごくない?もう拳振り上げて、堂々の勝利宣言してるんだよ。まじかよ…

初回についていたツアー公演は参加していたのだけど、本当よくて、これ以上は逃せんなって思ったので、ライブに重き置いてくれるのも嬉しいよね。タイトルのQ、これはアルバムツアーのタイトルがAでつまり、アルバムでの答えをライブでするよって言う意味で、今からライブが楽しみですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...